女性のライフスタイルの変化と働き方

長引く不況の中で、女性が結婚後仕事をやめて育児に専念することが難しい状況になってきました。結婚や出産を期に仕事を手放してしまうと、その後収入を得る手段を失ってしまうことになるケースが多いのです。そのため、そもそも結婚や出産をせずに仕事を続けるという考えも広まってしまいました。その結果が昨今の少子化にも結びついています。
子どもを産み育てながら仕事を続けたいと考えている女性は多く、もちろん経済面でもそうですが、自己実現や社会とのつながりをもちたいという声も多く聞かれます。こうしたニーズがありがながら、一方では子どもの預け先が不足する問題が続いていたり、そもそも子どもを持っている人を積極的に雇う企業が少ないなどの問題点も多いようです。そこで産後の再就職の助けになるのが、手に職をつけるということです。
自分の強みとなる資格を取ったり、採用につながるような知識や特技を身につけるなど、働くための準備をしておくことで再雇用につながると考えられます。主婦に人気の仕事としては、家事の経験が役に立つ調理系や清掃系が挙げられ、それを足がかりに資格取得などさらなるブラッシュアップを志す人も多いです。また、パソコンやインターネットを使った在宅の仕事も人気で、そこからソフトの操作方法などを学んで手に職をつけるという方法もあります。
このように、育児と仕事の両立を迫られたときに自分の助けになるような技術や資格を身につけることは、これからの女性にとって重要なことではないでしょうか。参考になるサイト⇒[http://skillswomen.com


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です